サイト内の現在位置を表示しています。

情報セキュリティ

情報セキュリティの基本的な考え方

お客さまとの信頼関係を築く基本要件として、お客さま並びに当社に関わる全ての情報資産を保護することを重要な経営課題と認識しています。お客さまの情報に触れる機会のある従業員だけでなくすべての従業員に、情報セキュリティの重要性を周知し、実現に取り組んでいます。


情報セキュリティ基本方針

制定 2007年10月1日
最近の改定 2014年6月20日
NECファシリティーズ株式会社
代表取締役執行役員社長
辻 登志夫


当社は、常に安心・安全なサービスを提供し続け、いつまでも社会から信頼される企業であり続けたいとの考えのもと、お客様やお取引先様からお預かりした情報資産および当社の情報資産を守ることが責務と考え、ここに情報セキュリティ基本方針を定め、実践することを宣言します。

当社は、情報セキュリティ管理体制を確立し、情報資産の適切な管理に努めます。

当社は、本基本方針に従い社内規程を整備・実施します。

当社は、情報セキュリティの確保に必要な教育を継続的に行います。

当社は、適切な人的・組織的・技術的施策を講じ、情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失・盗難、破壊、利用妨害などが発生しないよう努めます。

当社は、万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生しても、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限に止めるとともに再発防止に努めます。

当社は、情報セキュリティに関係する法令、国の定める指針、その他の社会的規範を遵守します。

当社は、以上の活動を継続的に見直し、改善に努めます。



情報セキュリティ推進体制

NECファシリティーズでは、情報セキュリティの維持・向上のため、社内各部門の代表者で構成される「情報セキュリティ推進者会議」を設置しています。
 会議では、情報セキュリティポリシーの周知、情報セキュリティの重大な脅威の発生に対する適切な対応策や再発防止策の徹底などの活動をしています。


推進体制図(作成中)

情報セキュリティ・個人情報保護 推進体制