サイト内の現在位置を表示しています。

自然由来の水対策ソリューション

排水処理で蓄積した技術を自然由来の水へ応用

地下水中の砒素、亜鉛、砒素、ホウ素、フッ素等の除去

地熱発電や温泉業等、地下水は様々な工業に活用されています。しかし、地下水中には砒素、亜鉛、フッ素等様々な成分が含まれており、使用後は適正に処理を行う必要があります。当社技術により、実際の温泉水中から砒素、ホウ素、フッ素等の除去が可能であることを確認しています。

適用例
  • 地熱発電所排水
  • 温泉旅館排水
  • 坑排水
  • トンネル湧出水
コスト比較例

温泉水に対するランニングコスト比較(フッ素除去)
(環境省:温泉排水処理技術開発普及等調査、環境技術実証事業より)

温泉水に対するランニングコスト比較
実証試験実績

当社フッ素処理技術(NEF-1法)が環境省「温泉排水処理技術に関する開発普及等調査事業(H23年度)」の対象技術に採択されました。

海水淡水化におけるホウ素除去

海水中にはホウ素が4~5mg/L含まれています。製造業で使用する純水の水源として海水の活用を考えた場合、ホウ素除去が必要です。この様に、より低濃度までホウ素を除去したい場合にも当社技術の適用が可能です。

リチウム資源精製におけるホウ素除去

リチウムはハイブリット車や電気自動車の普及により爆発的な需要が予測されています。現在、多くは南米の塩湖かん水から炭酸リチウムが精製されていますが、リチウムイオン電池用途の炭酸リチウムは高純度が求められ、かん水からホウ素を分離する技術が求められています。
当社技術では、塩湖かん水のように非常に塩濃度の高い水の中から、ホウ素を選択的に除去することが可能です。

お問い合わせ