サイト内の現在位置

Net Zero Energy Building

ZEB トータルソリューション

NECファシリティーズはZEBの普及・実現を通じて、地球環境との共生を目指します。

NECファシリティーズは(一社)環境共創イニシアチブの「ZEBプランナー」登録企業です。

ZEB普及の政策目標(第6次エネルギー基本計画:2030年度以降に新築される建築物についてZEB水準の省エネルギー性能の確保を目指す) を鑑みて、当社はZEBプランナーとして「2025年度に受注した建築物のうち、ZEBが占める割合を50%以上とすること」を目標とします。

写真:ビルのガラスに映る緑

NECファシリティーズは、2022年6月
『ZEBプランナー “フェーズ2”』に認定されました

受注物件の50%をZEBとすることを目指します。
(新築工事、改修工事それぞれで50%以上)

ZEBプランナー(フェーズ2)とはZEB受注に関して一定の高い活動目標を掲げるZEBプランナーです。

ZEBの補助金事業にはZEBプランナー(フェーズ2)の関与が必須です。

環境省および経済産業省が実施しているZEBの補助金事業が対象です。
補助金申請により工事費の最大2/3をカバーできます。

ZEB補助事業対象外の工場やDCの構築にもZEBの知見・ノウハウを活用。

新築でも既存施設でもカーボンニュートラルの実現に貢献します。

 

NECファシリティーズはZEBプランニングの知見を有する設計およびコンサルティング会社です。
ZEBコンサルティングから、設計・施工、実現後の施設管理の運用フェーズまで、一貫したサポート体制が特徴です。

ZEBトータルソリューション

NECファシリティーズでは、計画、設計、施工、運用管理までトータルソリューションでお客様のZEB化を支援いたします。

zoom拡大する

ZEB(Net Zero Energy Building)とは

ZEBとは建築計画の工夫による日射遮蔽・自然エネルギーの積極的な活用や高効率な設備システムの導入により快適な室内環境を維持しながらも大幅な省エネルギー化を実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間の一次エネルギー消費量がゼロ以下となる先進的な省エネルギー建築物のことです。

ZEB シリーズの概要

ZEBの実現・普及に向けて、段階的に、ゼロエネルギーの達成状況に応じて、下記のZEBシリーズが定義されています。建物で消費するエネルギー使用量を完全にゼロにすることはできませんが、省エネによって使うエネルギーを減らし、創エネによって使う分のエネルギーをつくることで、エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロにすることができます。

図:ZEBの概要図zoom拡大する

ZEBの定義

名称 定義
ZEB Oriented 省エネ※130%または40%※2 以上+更なる省エネルギーの実現に向けた措置を講じた建物(延べ面積10,000m2以上が対象)
ZEB Ready 省エネ※150% 以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
Nearly ZEB 省エネ※1(50%以上)+創エネで75%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
『ZEB』 省エネ※1(50%以上)+創エネで100%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
※1:「省エネ」とは省エネ法に基づく基準一次エネルギー消費量からの一次エネルギー消費量の削減率
※2:省エネ率は省エネ法の用途区分に応じて下記の通り
   ・ホテル等、病院等、百貨店等、飲食店等、集会所等:30%以上
   ・事務所等、学校等、工場等:40%以上 
 出典:「ZEB PORTAL」環境省HP(http://www.env.go.jp/earth/zeb/about/05.html)をもとに作成

ZEB 化のメリット

  1. 光熱費の削減:
    エネルギー消費量の削減に伴い、建物の運用に係る光熱費を削減することができます。

  2. 快適性・生産性の向上:
    自然エネルギーの適切な活用、個人の好みに配慮した空調や照明の制御などにより、省エネルギーを実現しつつ快適性・生産性を向上させることができます。

  3. 不動産価値の向上:
     ZEBのような環境・エネルギーに配慮した建物は、他の一般的な建築物と比較して不動産としての価値の向上、街としての魅力の向上などにつなげることができます。

  4. 事業継続性の向上:
    ZEBを実現することで、災害等の非常時において必要なエネルギー需要を削減することができ、さらに再生可能エネルギー等の活用により部分的にではあってもエネルギーの自立を図ることができます。

ZEBのイメージ

ZEBの実現には、まず

①断熱強化などのエネルギー負荷の抑制
②昼光利用などの自然エネルギーの活用
③高効率空調などの設備システムの高効率化

により大幅な省エネルギー化を図ります。 その上で

④太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入

を通じて創エネルギーを実現し、エネルギーの自立化を図ります。

図:ZEB導入イメージ

ZEB 実現に向けた「自社行動計画」

NECファシリティーズは、お客様のファシリティの価値を最大化する IFM(Integrated Facility Management)ソリューションを提供する企業です。ファシリティとは土地・建物・設備などの総称で、ファシリティの構築、運用に求められるニーズは品質、機能のみならず、安全、安心、そして地球環境との共生も欠かせないテーマです。弊社ではグリーンイノベーションを推進しており、NECのオフィスビルや生産工場の施設構築、運用管理を通して蓄積したノウハウをもとに常にお客様の視点に立ち、ZEB受注に向けて以下の通り活動します。

  • ZEBはエネルギーコスト削減にとどまらず、自然災害リスクの低減にも繋がり、さらには資産価値の向上が期待できること等をお客様にご説明し、ZEB化に向けてアプローチ致します。
  • ZEB補助金申請に関して、計画、設計、スケジュール作成、申請業務等を支援致します。
  • 常に最新技術の情報収集を行い、ZEB化の技術を磨き、普及を目指します。


ZEB事例

写真:白寿園 全景

特別養護老人ホーム 白寿園
用途 病院等
一次エネルギー消費効率 BEI* 0.36
主な省エネ技術 ルーバー、庇、外壁の高断熱化、Low-E複層ガラス 高効率ヒートポンプ空調機、地中熱利用24時間換気システム、全熱交換器、太陽熱利用ガス給湯システム、潜熱回収型高効率ガス温水器、高効率ガス給湯器、高効率トランス設備、LED照明、太陽光発電設備、蓄電池システム、BEMS
延床面積 5,308m2

※ZEB実現にむけたコンサルティング、設計、施工を当社が担当 
*:BEI(Building Energy Index)
BEIは省エネ法の基準値を1.0とした場合のエネルギ―効率。値が小さいほど省エネルギー建築物であることを意味する。

省エネ建築物事例

写真:NEC神戸システムセンター

NEC神戸システムセンター

用途:事務所等

一次エネルギー消費効率BEI*:0.88

主な省エネ技術:
外壁の高断熱化、高効率ヒートポンプ空調機、全熱交換器、LED照明

写真:新名古屋ビル

新名古屋ビル

用途:事務所等

一次エネルギー消費効率BEI*:0.66

主な省エネ技術:
外壁の高断熱化、Low-Eガラス、高効率ヒートポンプ空調機、全熱交換器、LED照明

写真:村正アルカディアオフィスビル

村正アルカディアオフィスビル

用途:事務所

一次エネルギー消費効率BEI*:0.80

主な省エネ技術:
ダブルスキン、Low-Eガラス、ヒートポンプ空調機、全熱交換器、LED照明

*:BEI(Building Energy Index)
BEIは省エネ法の基準値を1.0とした場合のエネルギー効率。値が小さいほど省エネルギー建築物であることを意味する。


【お問い合わせ】

共通技術本部

TEL:03-3455-4686 FAX:03-3455-2573
 E-mail: necf-zeb@necf.jp.nec.com