ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 一覧
  4. 環境配慮(環境)
  5. 分析ソリューション
  6. PCB廃棄物調査サービス
ここから本文です。

PCB廃棄物調査サービス

蛍光灯安定器の「銘板」例

近年、保管している蛍光灯安定器内のコンデンサからPCB含有絶縁油が漏洩するという問題が多く報告されています。
弊社では、厚生省告示「拭き取り試験」により蛍光灯安定器からのPCB含有絶縁油の漏洩を判定しております。

PCB含有安定器

  • PCBとは、
    ポリ塩化ビフェニル(Poly Chloro Biphenyl) の略で、電気絶縁性、耐熱分解性に優れ化学的に安定なため、昭和30年代から電力用トランス、高・低圧コンデンサの絶縁油及び各種化学工業、食品加工の熱媒体として広く使用されていました。

  • PCB含有安定器とは
    PCB入りコンデンサを力率改善用(電力損失の増加等を防ぐため)に使用していた安定器のことをいいます。

  • PCB含有安定器の製造期間
    1957年(昭和32年)1月から1972年(昭和47年)8月まで の期間、製造されていました。
    昭和47年9月以降の製造・出荷製品には使用されておりません。

  • PCB含有安定器を使用していた照明器具の種類
    業務及び施設用の蛍光灯器具、水銀灯器具及び低圧ナトリウム灯器具
    (一般家庭用の蛍光灯には含有されておりません。)

PCB廃棄物調査フロー

電話・メール・FAXによる受付→お見積→現場調査→拭き取り試験→分析→ご報告

PCB廃棄物調査

蛍光灯安定器の銘板によるPCB含有調査

蛍光灯安定器にPCBが含まれるかは、安定器の銘板に記載されている製造年月日、型式等で判断することができます。

蛍光灯安定器の銘板例

「拭き取り試験」によるPCB廃棄物調査

「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する法律」において、廃棄する照明器具の 廃プラスチック類又は金属くずは処理基準が「ポリ塩化ビフェニルが付着していないこと」とされて いるため漏洩汚染の恐れのある場合は、「拭き取り試験」によってそれを確認する必要があります。

拭き取り試験法

対象項目 基準値 拭き取り試験方法
PCB ポリ塩化ビフェニルが
付着していないこと
特別管理一般廃棄物及び特別管理産業廃棄物に係る基準の検定方法
(平成4年7月3日 厚生省告示192号
別表第三の第二 拭き取り試験法)

お問い合わせ

株式会社近畿分析センター
http://www.kbc-em.co.jp/contact/#03

東日本事業部

〒211-8666 神奈川県川崎市下沼部1753
電話 044-435-1087


西日本事業部

〒520-0833 滋賀県大津市晴嵐2-9-1
電話 077-534-0651


NECファシリティーズでサービス提供させていただいておりました業務の一部を、当社、関連会社である近畿分析センターへ業務移管を行いました。(2013年4月1日より)
近畿分析センターは、長年にわたり蓄積した化学分析・機器分析の技術を駆使して広く社会に貢献したいという趣旨で設立し、以来環境分析とエレクトロニクス関連の材料分析を 事業の主体としてきた会社であり、当社としてもより専門的なサービスの提供ができるよう強化をはかりました。

今後は、NECファシリティーズと近畿分析センターと相互に協力し合い、サービス提供に努めてまいります。

ページの先頭へ戻る