ICTの真骨頂

データの自動集積が拓く高精度、高効率なファシリティマネジメントの新時代

広大な敷地を持つ施設、24時間365日の安定稼働が求められる重要施設においては、設備の状態監視にセンシング機器の活用が不可欠になっていくと考えられます。少ない人的リソースで設備の状態をリアルタイムかつ正確に数値で見える化することができ、現状把握だけでなく予知保全、将来予測、投資計画の判断にも重要なエビデンスとなります。
さらに、これまでよりも格段に多くのデータ収集が容易となり、将来的には豊富なデータを元にAIを活用したファシリティマネジメントも考えられます。