サイト内の現在位置

グリーン調達ガイドライン 1

1. はじめに

NECファシリティーズは、環境との調和と負荷軽減に取り組むため、環境技術やサービスの創出に努め、環境への対応を経営の最高課題の一つとして位置付け、事業を遂行しております。

現在、環境保全活動の最重点課題の一つとして、環境負荷を低減した製品の提供を推進しておりますが、この実現には、製品を構成する部品や材料などの環境負荷が低減されていることが不可欠であります。

また、製品を製造・販売している企業の環境保全に対する経営姿勢もグリーン調達実現の重要な要素となります。 NECファシリティーズでは、環境保全に積極的な企業から、環境に配慮した製品を優先的に調達していきます。

本ガイドラインは、グリーン調達に関して、最低限遵守していただきたい「必須条件」と配慮していただきたい「評価内容」を示しています。「必須条件」を満足していただけない場合は、今後お取引を控えさせていただく場合がございます。「評価内容」につきましては、ご評価をさせていただき、環境格付け評価の高いお取引先からの調達を優先させていただきます。

なお、製品の要求仕様等により、本ガイドラインと異なる基準が必要な場合は、NECファシリティーズが別途定める購入仕様書等で示します。

また、グリーン調達の基準は、今後の法規制や社会動向により適宜改訂いたします。

グリーン調達に関する概要基準zoom拡大する

グリーン調達に関する概要基準

2. 適用範囲/お取引先に対して要求する必須条件

適用範囲

本ガイドラインは、NECファシリティーズが調達する全ての製品を対象とします。
ここでいう全ての製品を、下記に示します。

  •  ◆設備機器、部品、部材、薬品、ガス、ソフト、サービス等

お取引先に対して要求する必須条件

NECファシリティーズでは、調達する製品そのものの環境負荷の低減を考慮すると共に、製品を製造・販売している企業が、環境保全に積極的に取り組んでいるか否かを製品購入にあたっての重要な判断要素と考えています。企業の環境保全への取り組み状況を確認し、次の内容を満足したお取引先から、製品を調達させていただきます。

  1. 環境管理システムの構築
    製品を開発、製造、販売している工場、オフィス等において環境管理システムを構築していること。(詳細内容は第4項の(1))

  2. 製造工程における使用禁止物質の不使用(ソフト・サービス会社は対象外)
    NECファシリティーズが指定する使用禁止物質を製造工程内で使用していないこと。(詳細内容は第4項の(1))

  3. 化学物質含有量調査へのご協力体制(ソフト会社等ハード製品を納入しない場合は対象外)
    製品に含有する化学物質調査に対して回答いただけること。

3. 基本的な考え方

経済社会のあり方そのものを環境負荷の少ない持続的発展が可能なものに変革していくことが不可欠であり、あらゆる分野において環境負荷の低減に努めていく必要があります。

このため、当社が率先して環境負荷の低減に資する方法で工事・役務を実施していくことは重要なことであり、環境配慮への取組を促す効果も大きいものと考えられます。よって、工事・役務においては、一定の環境負荷低減効果が認められる資材または建設機材の使用をグリーン調達基準を設定の上で、以下の点に類意しつつ積極的に推進していくものとします。

  • 建設副産物の発生抑制が期待できる資材を使用すること。

  • 現場発生材等で利活用が可能な視座を使用すること。
  • 再生骨材等再資源化された資材を使用すること。
  • 省資源・省エネルギーに配慮した資材・機材を使用すること。
  • 施設の更新時における使用後の処理が容易な資材を使用すること。
  • 排出ガス対策型機材等有害物質の排出等を低減する材機を使用すること。
  • これらの資材・機材の使用等により環境負荷を低減できる工法を採用すること。

次へ